【第63回】テクニックよりも優しさ!? プレイがうまい男性客を目指すポイント

更新

「もっと、女の子が善がるようなプレイをしたい」そう思ったものの、どうやって腕を磨いたらいいのかわからない……。

そんなときに考えたいのが、プレイ時の自分の行動です。というのも、プレイのうまさ=テクニックとは限りません。

たとえば、風俗嬢とおしゃべりをしつつ、相手の反応の仕方を見極める――。それだけでも、プレイ中の女の子が本当に気持ちいいのか、それとなく分かるのではないでしょうか。

今回はテク以外で、プレイがうまい男性客を目指すポイントをご紹介します。

女の子を優しく気遣おう!

まず意識したいポイントは、とにかく女の子を優しく気遣ってあげることです。

女の子の気持ちを無視して、兎にも角にもプレイがしたい!そんな独り善がりなプレイでは、うまいへたのへったくれもありませんよね。

プレイがうまい男性は、気遣いの仕方がスマートです。たとえば「ごめん、俺こういう場所初めてだから、いろいろと教えてね!」と、素直に不安なことが聞けたり。

挿入時なら「大丈夫?痛くない?」と、女の子を労わってあげられる――。

そんな男性のほうが、女の子の好感がいいのは言うまでもありませんよね。

ベテランの風俗嬢も、そうした男性客なら「かわいいな」と好印象を持ち、たっぷりサービスをしてくれるでしょう。

女の子の嫌がることはしない!

テクニックに自信がある男性も、すべての風俗嬢にそのテクが通用するわけではないでしょう。なぜなら女の子が感じるポイントは、人によって様々だからです。

女の子がどういったポイントで気持ちよくなるのか。それとなく見極めながら、プレイができるといいですね。

それこそ、力強く乳首を吸われたり舐められることで、気持ちよくなる女の子もいれば、ちょっとの刺激で「痛い」と感じる子もいるはず。

いずれにせよ、女の子が嫌がることはしないことです。

相手の反応を楽しみながら、「あ、この子はこうすると、気持ちいいんだな」と、自分のテクを磨いてみて。

女の子とのプレイを楽しもう!

風俗経験がある男性ならまだしも、初対面の女の子と体の相性がバッチリ合うことは稀です。

特に経験が浅い男性客にとって、女の子とちぐはぐな雰囲気になってしまうこともあれば、いかずに終わってしまうことも珍しくない世界です。

思うような結果が得られなくても、「勉強になった」「次はこうしよう」という、反省材料に生かせられる男性の方が、プレイのテクニックは磨かれていくでしょう。

女の子と仲良く話せるだけで幸せ――。そんな風に前向きに風俗を楽しんでみては?

おわりに

プレイが上手くなる道のりは一日にしてならず。まずはテクニックよりも、お客としての優しさを積んでいけるといいですね。