【第62回】「コイツもオラオラか…」プレイがヘタな男性客に共通するポイント

更新

何度かお店を利用していると、「もっとプレイが上手くなりたい!」と思うのでは?

風俗通いに慣れていないうちは、女の子もそれを察して、進んでリードをしてくれるでしょう。

ただ、男としては女の子をもっと気持ちよくさせたい――。そんな思いが沸々と湧き上がってきませんか?

でも、風俗経験が浅いうちは、ムリにプレイをどうにかするよりも、プレイ時のNG行為を避けるだけでも、プレイがうまくなるかもしれません。

力任せに女の子を攻める

よく風俗嬢が指摘することですが、男性が思うプレイのうまさと、女の子が指摘するプレイのうまさはギャップがあることが多いです。

男性に多いのは、エロマンガやAVの影響を受けて、プレイのやり方を知らず知らず刷り込まれていることです。

たとえば挿入時、女の子をオラオラと攻める。アソコを力任せに吸うなど――。「ちょっと乱暴に攻めた方が、女の子は喜ぶ」と思っている男性は多いのでは?

もちろん、そうしたプレイを好む女の子もいます。でも、Sっぽく攻めることと、力任せに攻めることは違いますよね。

Sっぽく攻めるのであれば、言葉遣いや言動をスマートにしましょう。そのほうが、女の子は「男らしさ」を感じやすく、あなたのプレイに夢中になるでしょう。

性欲のままにプレイをする

部屋に入るなり、下着を脱ぎだして、早々にプレイする気満々――。

「元気のいいアソコを見せると、女の子がキャー!と喜んでくれる」そう思っている男性は多いかもしれません。

でも、性欲丸出しの男性は「困ったお客だな……」と、高確率の割合で思われるのがオチです。

かわいい女の子を前にして、つい興奮が高まってしまう男性は、ちょっと気持ちを落ち着かせて。ちゃんと段取りを踏むことを忘れないようにしましょう。

挿入時も、女の子の体にむしゃぶりつくのではなく、女の子の反応を見ながらプレイをしましょう。

ガンガンと力ませに出し入れするよりも、上手に腰を振って、小刻みに女の子の気持ちのいいポイントを当てるように動かすのです。そのほうが、女の子に「テクがある」と思われますよ。

衛生面に欠けている

風俗を利用するなら、清潔感を徹底することは常識中の常識。それこそ、爪が伸びすぎている、お店前のシャワーを欠けているなどですね。

これがどうしてプレイのヘタに繋がるのか、不思議に思う男性もいるかもしれません。

でも、プレイのうまさは、何もテクニックとは限りません。

女の子の体を傷つけない。女の子と体を重ね合わせて、不快に思わせない――。

いずれも当たり前なことに思えて、プレイをするなら不可欠なことです。

プレイがうまい男性ほど、最低限のマナーを徹底しています。ぜひ気をつけてくださいね。

おわりに

女の子に「あ、コイツはプレイ、ヘタだな」と、思われてしまっては悔しいですよね。まずはNG行為を抑えて、プレイがうまい男性客を目指しましょう。