【第56回】風俗嬢が「仕事がしやすくて助かる」と感じている男性客の特徴5つ

更新

風俗を利用していると、自分がお客としてどう見られているのか。ちょっと気になる瞬間ってありませんか?

 

お気に入りの子に嫌われていたらイヤですし、少しでも好意を持ってもらえたら……と、期待してしまう男性客もいると思います。

 

そこで今回は、いいお客になるためのヒントをご紹介。風俗嬢が「仕事がしやすい」と感じる男性客の特徴から、どうしたら少しでもいいお客に近づけるのか考えてみました。

■清潔感が徹底している

 

まず、第一はコレです。風俗を利用するにあたって、マナーがきちんと守れる男性は最低限の条件です。見た目の服装が野暮ったい。近づくと変な匂いがするといった、異性としてマイナスなポイントは言うまでもありませんね。

 

また、脱いだらアソコの毛がもじゃもじゃで、サービスがしづらい。キス時に口臭がして、キスをしたくない。こうしたポイントも風俗嬢にとってはマイナスです。

 

お店を利用する前は必ずシャワーを浴びて、ムダ毛はカット。歯磨き、口臭対策を念入りにして、女の子を前にしても怪訝な顔をされないように注意しましょう。

■アソコが大きすぎない

 

男性にとっては、アソコの大きさは自慢かもしれません。でも、風俗嬢にとってアソコが大きいと、挿入時に痛みが伴うので、「小さいサイズの方が」と感じる女の子は意外と多いです。

 

とはいえ、サイズの問題は生まれ持ったものなので、仕方ありませんよね。女の子が気にしている様子なら、「ごめん、俺大きいから、ちょっと痛いかも……」と断れると、あなたの優しさに女の子はちょっと嬉しくなるかも?

■フィニッシュが早い

 

ズバリ、サービスが楽だからです。いつまでもなかなかイかない遅漏くんでは、女の子は体が疲労したり、手が痛くなったりしてしまいます。逆に「早漏なくらいが丁度いい」という風俗嬢も。

 

「お金を払っているんだから、自分のタイミングで」という考えもありますが、「ふたりが盛り上がって、女の子が喜ぶタイミングで」というのも、デキる男のテクニックかもしれません。

■ロング客である

 

こちらも現金ですが、風俗嬢にとって稼げる相手だからです。

 

ただし、同じお客と長い時間過ごさなきゃいけないことを苦痛に感じる風俗嬢もいるので、基本的にはふたりの関係に応じて長さを決めてみて。

 

リピートしてくれるのも同様です。相手の女の子とのプレイが盛り上がったら、次もリピートしてあげると、女の子は「指名してくれて嬉しい」と感じると思いますよ。

■話が面白い

 

きちんとマナーを持って利用してくれる男性客は、風俗にとって嬉しいお客さんです。でも、もっといえばプレイが自然と盛り上がる、一緒にいて楽しいお客さんならもっといいですね。

 

話を振ったり、気を遣う相手ではなく、お喋りが自然とできる。そんな男性客なら、女の子もプレイをしていて楽しく、本当の恋人のような気分になれそうです。

■おわりに

 

いかがでしたか。お店で気になる女の子がいる男性は、少しでも風俗嬢が喜ぶポイントを押さえておきましょう。いいお客さんになれれば、相手との距離も縮まること間違いなしですよ!