【第55回】ムリに話題を広げるのはNG?風俗初心者が知っておきたい会話ネタ3つ

更新

風俗に慣れてないうちは、緊張のあまり女の子と何を話したらいいのか、困ってしまう男性も多いのでは?会話が盛り上がれば、プレイも自然と盛り上がるもの。

 

できれば、リラックスした状態でプレイをして、会話で女の子との距離を縮められたらいいですよね。今回は、話題に困ったときに活用したい会話ネタをご紹介します。

 

■女の子の好きな食べ物を聞く

 

基本的に女の子と話す話題は、なんでもいいと思います。ただし、女の子のプライベートに関わる話題は避けましょう。

 

具体的には、「今日でお客相手にするの、何人目?」とか。「いくら稼いでいるの?」とか。「どうして風俗で働いているの?」といった質問ですね。

 

初対面の女の子を相手に、ナイーブな質問をしてしまっては、女の子の風俗歴が浅ければ戸惑ってしまうのもムリはありません。ですので、始めのうちは答えやすい質問がオススメ。

 

たとえば、「好きな食べ物ってある?」と聞いてみるとか。「この間、◯◯の◯◯食べたけど、すごいうまかったよ(笑)」と、あなたの最近ヒットなご飯を教えてあげてもいいのでは?

 

チェーン店のメニュー、コンビニの新商品、お弁当屋さんの期間限定メニューなど。こういったものなら、住所を特定せずに気兼ねなく話せますし、女の子も話に乗ってきやすいと思います。

 

■仕事の愚痴をこぼす

 

女の子との距離が少し縮まったら、仕事の話をしてみるのもいいでしょう。ただし、女の子に不平不満をぶつけるのではなく、相手に気を許しているからこそ、打ち明けるといった雰囲気がどこかで伝わるといいと思います。

 

風俗はプレイをするだけが目的ではありません。男性客の中には、お気に入りの女の子と話をしたくて、リピートしている人も珍しくないと聞きます。

 

最近、辛かったことがあれば、「慰めてくれ~!」と思い切って甘えてみるのもいいかも。

 

あなたの素直な態度に、女の子は「かわいい」と感じ、サービスに力を入れてくれるかもしれませんよ。

 

■ハマっているものや趣味を聞き出す

 

ほかにも、何かハマっているもの、夢中になっている趣味があるのなら、それを聞いてもいいでしょう。「最近、俺◯◯のゲームにハマってるんだけど~」と話をしながら、「◯◯ちゃんは、何かハマっているものある?」と聞く感じですね。

 

もし、相手がおとなしいタイプで、いまひとつ会話が盛り上がらなくても、しらける雰囲気はなるべく出さないであげるのが吉です。

 

笑顔で「うん……?」と、相手の様子を温かく見守ってあげられると、女の子は「この人なら話しても大丈夫かな?」と、気を許すきっかけになるはずです。

 

■ムリに会話を広げようとしないことも大事

 

こうした配慮ができる男性は、きっと女の子の印象がいいと思います。いいお客として目星をつけられ、タイミングによっては恋に発展するかもしれません!

 

女の子との会話に困ってしまったら、こんなことも気に掛けてみてくださいね。