【第53回】ガツガツはダメ!風俗嬢が「このお客はうまい」と感じる男性の特徴

更新

あなたは自分のテクニックに自信がありますか?自分のしたいプレイができる風俗ですが、できれば女の子も気持ちよくしてあげられると、もっといいですよね。

 

でも場慣れしていないと、相手を気持ちよくさせるどころか、女の子に流されるがままにプレイが進んでいくことも。

 

風俗経験が浅くても、女の子を満足させるには、どんなことに気を付けたらいいでしょうか?

 

そこで今回は、風俗嬢が「このお客様はうまい!」と感じる特徴をご紹介します。

 

ガツガツしていない

 

プレイがうまい男性は、ガツガツしていません。それこそ、女の子の裸を目の前にするなり、性欲のまま求めることは一切しません。

 

そうしたプレイでは、男性の自己満足に終わってしまい、女の子は一切気持ちよくなれないことを知っているからでしょう。

 

男性は見た目が好みだったり、女の子の喘ぎ声だったり、アソコを触られるだけで気持ちよくなれるもの。でも、女性は男性よりも気持ちよくなるスイッチが複雑です。

 

まず、雰囲気が居心地よくなければ感じられませんし、男性のようにオーガズムに達するのも簡単には難しいからです。

 

「気持ちよくさせてあげられている」と思っていても、それはあなたの一方的な勘違いかもしれません。自分本位にプレイをするのではなく、女の子の様子を観察できる。そんな余裕を持てると、女の子の満足度は大きく変わると思います。

 

力任せにしない

 

女の子の体は、男性よりも繊細にできています。例えば男性よりも皮膚が薄いため、体のどこを触られても敏感です。ですので、AVの影響でオラオラと攻められても、感じるどころか痛いだけという場合が多いのです。

 

プレイ時はあくまでも優しく、女の子の体を扱ってあげましょう。例えば風俗嬢のアソコを攻める際も、できるだけ時間をかけて丁寧に愛撫をしてあげて!くれぐれも力任せにしてはいけませんよ。

 

女の子がどうしたら気持ちよくなれるのか。ちょっと頭で考えられる余裕があるといいですね。

 

謙虚にプレイできる

 

謙虚な気持ちでお店に足を運べる男性は、プレイも上手だといわれています。

 

例えば、お気に入りの女の子とプレイができて嬉しい。こんな子が、俺の相手をしてくれるなんて……といったように、謙虚さが風俗嬢に伝わると、女の子は力を込めてサービスしたくなるようです。

 

女の子も気持ちよくプレイをしたくなるので、そういった意味で自分の態度や接し方も、大事なテクニックのひとつになりそうです。

 

おわりに

 

女の子を気持ちよくさせたい――。そんな意識が芽生えたなら、ぜひ風俗嬢が認めるポイントで、自分のテクニックを磨いてみてください。