【第45回】もうイヤ、勘弁して…。風俗嬢が内心嫌っているプレイ中の男性客3つ

更新

風俗を利用する際、お店のホームページをチェックしながら、お気に入りの子を見つけている男性って多いのでは?

ルックス、スタイル、プレイの三拍子が揃っている子ってなかなかいないので、お目当ての子を見つけた時って、つい興奮してしまいますよね。

でも、せっかく見つけたお気に入りの子も、あなたの言動によっては「うわ、この男性客、最悪……」なんて、思われてしまう可能性も。

少しでもいいお客に思われるために、今回はあえて内心嫌われているプレイ中の男性客をご紹介します。

■正常位時に女の子の髪の毛を掴む

体位のひとつ正常位。このオーソドックスな体位でちょっと気を付けたいのが、自分の全体重を女の子に乗せながら、行為に没頭してしまうことです。

下で乗られている女の子にとって、男性の重たい体は苦しく、プレイどころではありません。実際、苦しいうめき声を快感と勘違いして、ますます興奮してしまう男性客は少なくないようです。

また、合わせて注意したいのが、女の子の髪を掴んでないかどうか。同じく行為に没頭するあまり、女の子の髪を手に敷いてしまっていないか注意して。

どちらも正常位時にやってしまうと嫌われてしまうので、それとなく気を配りましょう。

■イクのを渋る

風俗に慣れていないと、行く前はあれほど興奮していたのに……。いざ、女の子と対面すると、全然興奮できない男性って少なくないのでは?

男性って意外と繊細な人が多いもの。場の雰囲気で興奮度が変わったり、イクタイミングを逃してしまうことって、風俗を利用していると珍しくないものです。

慣れないうちはよくあることなので、ムリに最後までする必要はありませんが。ひとつ注意したいのが、イクのをもったいぶることです。

「まだイキたくない!」とセーブしてもらったのに、イク時になるとなかなかイケない。そんな中だるみを感じるプレイは、女の子にうんざりされちゃうかも……?

コースの時間で何回イクのか、大まかな目安が決まっていますよね。

ゆっくりしたいなら長めのコースで……と、前もって考えられると、フィニッシュの目安が掴めるでしょう。

■プレイが終わっているのに、もう一回と要求する

男性客のなかには、プレイが終わってもなお「もう一回しよ?」「もう一回、しゃぶってよ」と、再度プレイを要求してくる人もいるようです。

当然ながらコースの時間が終わったら、プレイは終了です。

もし、もっと続きがしたいなら延長を希望しましょう。無理強いしてしまうと、それこそ女の子に嫌われてしまいますからね。

■おわりに

いかがでしたか。気持ちのいいプレイをするには、嫌われる男性客の特徴を踏まえておくことも大事です。

こうした配慮ができれば、いいお客として、もっと女の子の気持ちいいサービスを受けられるはずです。

次回の更新は10月5日です。